DAITETSU

 

次世代育成支援行動計画

社員が積極的に子育てに関わっていける環境を整え、仕事と子育てを両立しつつ、
安心して最大限の能力を仕事に発揮できるよう、次のように行動計画を策定しています。

1. 計画期間 平成30年4月1日~平成33年3月31日までの3年間
2. 内容
目標1:
男性社員の配偶者に子どもが生まれる際の特別休暇制度の周知と利用促進計画期間内の休暇取得率、60%以上
(有給扱いの2日のうち、少なくとも1日の休暇取得を促し、家庭生活の支援を行う)
目標2:
就業規則、育児休業規程、介護休業規程に関する各制度の支援の紹介
(男性社員・女性社員を問わずに積極的に子育てに関わっていける環境の整備を行う。)
目標3:
小学校未満の子どもの看護の際の休暇制度の周知と利用促進
(子どもの看護の際に利用できる休暇制度を周知し、利用促進を図る。5日のうち、2日間は有給扱いであり、より子どもの看護にも積極的に携われるよう、家庭生活の支援を行う。)
目標4:
「定時退社の日」の周知・年次有給休暇とゴールデンウィークや年末年始期間、夏期リフレッシュ休暇との組合せによる長期連続休暇の取得促進
(時間外労働及び労働時間の短縮を図り、子育て・家庭生活の支援を行う。)

女性活躍推進 行動計画

女性技術者を増やし、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定しています。

1. 計画期間 平成30年4月1日~平成33年3月31日
2. 目標と取組内容・
実施期間
目標:工事現場事務所における環境の改善を行うとともに女性技術者を4人から5人以上に増加させる
<取組内容>
平成30年4月~
技術系の女性の応募を増やすため、学生向けパンフレットの内容見直しを検討、改訂を行う。
平成30年10月~
実施した調査を基に、工事現場事務所の改善を検討する。
平成31年1月~
インターンシップを年3回以上開催する。

女性の活躍に関する状況の情報の公表

【情報公表項目】

採 用 採用した労働者に占める女性労働者の割合:21%
労働者に占める女性労働者の割合:10%
 

PageTop