Person

Interview

社員インタビュー

北陸新幹線


金沢〜敦賀間開業に向けた


線路工事に挑む。

線路

吉田 涼

北陸支店 線路部 福井地区改良工事所
2012年入社
工学部 環境建設工学科卒

なぜ、大鉄工業を選んだのか。
大鉄工業はどんな会社か。

若手も意見を発信でき、
のびのび働ける会社。

土木系とは少し違った会社に就職したいと考え、大学で開かれた合同説明会に参加。その時に大鉄工業と出会い、自分のイメージに合った会社だと感じました。 若い社員がのびのび働く姿を見て、「ここなら自分もがんばれる」と思って入社しました。
当社では若いうちから現場監督を任されることもあり、キャリアにかかわらず自分の意見を発信できる文化があります。仕事に関しては、最初は大変かもしれませんが、 やっていくうちに楽しくなり、やりがいも生まれます。先輩が悩みや相談事にとことんつき合ってくださる、アットホームな職場です。

現在の仕事。
そのやりがいとは。

現在の仕事。
そのやりがいとは。

線路工事ひとつひとつに
異なる苦労と感動がある。

北陸新幹線の金沢〜敦賀間開業に向けた、在来線の支障移転工事に携わっています。支障移転工事とは、新幹線のルートを確保するために、既存の在来線の撤去や、 代替線路の新設などを行う工事です。私の役割は、主に工事計画と現場監督を担当する工事の監理技術者。安全管理を徹底しながら、関係者と会議を行い、日々の工事が円滑に進むよう検討・調整をします。
仕事の醍醐味は、無事に工事をやり遂げ、始発列車が通った時の達成感。私たちの仕事の大半は計画と準備。こうした業務は、その一瞬のためにやっているといっても過言ではありません。 線路の現場は毎回環境や条件が違うため、工事終了時には毎回違った感動があります。

大鉄工業での目標、
それは。

はじめて監理技術者を任された
現在の現場を無事にやり遂げる。

目標は、担当している現場を無事にやり遂げることです。現在の職場は私がはじめて監理技術者を任された現場で、約3年半従事しています。うまくいかないことも多々ありましたが、 お施主様やグループ会社・協力会社の方々に助けられ、これまでやって来ることができました。竣工までまだまだ工事が続くので、気を引き締めていきたいと思います。

子どもと多くの時間を過ごし、
成長を見守る。

2歳と0歳の息子の遊び相手になっています。夜間作業があるため生活のリズムは異なりますが、子どもと過ごす時間は多くもつことができています。 プライベートを充実させるために心がけているのは、その日のうちにできる仕事はやりきること。現場を任されるようになると責任も増えますが、 ひとつひとつの仕事を丁寧にこなしていくことで自信や安心につながり、オフも有意義に過ごせると感じています。

Other Interviews社員インタビュー

ENTRY

2022年度卒 新卒採用
エントリー