Person

Workstyle

社員の働き方

土木部門の働き方 土木部門の働き方

1日の中で現場巡回とデスクワークを平行して行うのが、基本的なワークスタイル。土木工事は広い場所で行われることが多いため、広い視野をもつことが重要です。そして知識だけでなく、問題が出た時に対応する提案力やコミュニケーション能力も求められます。

case

三井 勝仁

土木支店 土木工事第二部
北梅田駅JV作業所
2011年入社
工学部 社会デザイン工学科卒

私のオンとオフ

うめきた新駅
新設工事の
最前線に立つ。

うめきた2期区域における東海道線支線地下化・新駅設置事業のうち、新駅を設置する工事に従事しています。主な業務内容は、日々の作業における業者間・他工区の調整、工事計画書作成、工程調整などが挙げられます。

休日は夫婦で
ショッピング、
長期休暇には
旅行をエンジョイ。

仕事が終わった後は、自宅でテレビや映画鑑賞をしてゆっくりと過ごしています。休日は妻とショッピングに出かけることが多いです。長期休暇には旅行に行くことが恒例になっています。その他、趣味の野球やゴルフも気分転換になっています。

わたしの1週間の過ごし方 わたしの1週間の過ごし方

現場勤務にはどんな業務があって、どんなスケジュールで動くのだろう?
そんなシンプルだけど、すごく知りたい疑問に先輩社員が答えます。

土日出勤があっても
しっかり代休をとれるので安心。

現場によってシフトは異なりますが、現在の現場では4週8休を目標にスケジュールを組んでいて、土日出勤があった場合は平日に代休をとるようになっています。社員に負担がかからないように、会社が力を注いでくれているところが素晴らしいと思います。
毎日の仕事では、その日のうちにできることは必ず処理するように。逆に休日は仕事のことは忘れて、とことん遊ぶようにしています。

ENTRY

2022年度卒 新卒採用
エントリー