Person

Interview

社員インタビュー

情熱と誇りをもって


新設県立大学


新築工事に臨む。

建築

大内 理史

建築支店 建築工事第四部
豊岡専門職大学作業所
2016年入社
建築学科卒

[an error occurred while processing this directive]

なぜ、大鉄工業を選んだのか。
大鉄工業はどんな会社か。

「とりあえずやってみろ」は
「とことんチャレンジできる」こと。

大学卒業後に入社した会社で多くの建築物にふれる機会があり、次第に現場監督として工事の最前線でモノづくりに携わりたいと思うようになり、働きながら建築の専門学校に通いました。 そして、当社のインターンシップに参加した際に若い社員がやりがいをもって働いている姿を見て、「ここで働きたい」と思いました。
当社の魅力は、駅など特殊な建造物の建設に携われることができ、そのために必要なスキルを習得できる環境が整っていること。 上司や先輩方が若手社員に「とりあえずやってみろ」と仕事を任せてくださる点も大鉄工業の良さだと思います。

現在の仕事。
そのやりがいとは。

現在の仕事。
そのやりがいとは。

「自分ならどうするか」を
常に考えながら動く。

現在は、専門職大学の新築工事に携わっています。担当は、現場管理、工事全体の作業間調整、施工計画。定められた工程をもとに、工事車輌の搬出入、重機の配置の調整などをします。 場内の仮設物、内装工事などについては関係協力会社と打ち合わせをして、施工図面の作成、計画、材料発注を行います。単に段取りを組むのではなく、進捗状況を見極めながら臨機応変に対応しなければなりません。 現場を熟知していないとできないので、できる限り現場に出るように心がけています。
技術者としての誇りをもって働けることが、仕事の魅力です。私が大切にしているのは、とことん自分で考えること。現場でも「自分が動かすんだ」という意識をもって作業に取り組んでいます。

大鉄工業での目標、
それは。

目指すのは、自分で判断して
みんなを引っ張っていけるリーダー。

自分で責任ある判断をして、仕事を進められるようになることが今の目標です。現場の最高責任者になって、リーダーシップを発揮したいと思っています。 そのために、上司や先輩をお手本にしながら、自分の考えをプラスしてスキルアップを図っています。将来は、現在携わっている学校のほか、駅や病院のような規模が大きく公共性の高い建物を現場のリーダーとして手がけたいです。

最高のリフレッシュは家族と過ごす時間。

休日は妻と子どもと過ごします。近くの公園で遊んだり、買い物に出かけたりすることが多いですね。午前中は子どもとの散歩が日課になっています。 大型連休には車で遠出をして楽しんでいます。仕事のオンとオフをしっかりと分けて、リフレッシュする時間を大切にしています。

[an error occurred while processing this directive]

Other Interviews社員インタビュー

[an error occurred while processing this directive]

ENTRY

新卒採用
エントリー