Person

Interview

社員インタビュー

利益確保につながる


資金業務を行うため、


現場に足を運ぶ。

支店総務

横田 百合香

土木支店 総務部
2015年入社
文学部 人文学科 英米文学専攻卒

なぜ、大鉄工業を選んだのか。
大鉄工業はどんな会社か。

学生目線を大切にする
会社の姿勢に感銘を受ける。

大鉄工業を志望した決め手は、学生に対する姿勢でした。就職活動でコンタクトをとった会社の多くは「ぜひ当社に入社してください」というスタンスでしたが、大鉄工業は違っていたんです。 自社の強みだけでなくウィークポイントも学生に説明した上で、「自分に合う会社だと思って入社してもらえるとうれしいです」という、学生視点の姿勢が印象的でした。 面接の時には先輩社員が面接会場の近くまで来て、「がんばって!」と応援してくださったことに心を打たれました。さらに入社して先輩方の温かい人柄にふれ、社員を大切にする会社であることを改めて実感しています。

現在の仕事。
そのやりがいとは。

現在の仕事。
そのやりがいとは。

総務という立場から
モノづくりを支える。

土木支店で、現金・預金を管理する資金業務をはじめ、現場の原価管理、収支の把握などを行っています。現在の担当は京都・滋賀エリアの現場。工事現場の所長や所員の方々と連絡を取りながら、工事ごとの利益を把握します。 時には現場へ出向き、工事の進捗状況を確認することも。
事務部門は直接、建造物をつくるわけではありません。しかし、総務や経理という視点でさまざまな建造物の建設に関わります。「成果物の見える仕事がしたい」というのが、学生の頃からの夢でした。 大鉄工業が施工した建造物を、多くの人が利用しているのを見ると、その夢が実現したと感慨深いものがあります。単に数字を追うだけではない、とてもやりがいのある仕事です。

大鉄工業での目標、
それは。

さまざまな部門を経験して
事務職のスペシャリストに。

経理業務に関する幅広いスキルを身につけ、支店の決算業務において中心的な存在になることを目標にしています。また、現場にもっと頼ってもらえるように、土木支店の工事や原価管理に関する知識を深めたいと思っています。支店に配属され、「建設会社で働いている」という手応えを感じていますが、将来は線路部門や建築部門の支店も経験して、自分の可能性を広げていきたいです。

自然とふれあい、心身共にリフレッシュ!

休みの日は、自然とふれあいに出かけています。花が好きなので、春は菜の花畑、夏はひまわり畑に出かけたり、時々登山やハイキングにチャレンジすることも。写真を撮るのも好きで、きれいな景色を写真に撮り、職場のパソコンのデスクトップ画像にして、疲れた時に写真を見て気分転換しています。

Other Interviews社員インタビュー

ENTRY

2022年度卒 新卒採用
エントリー