Person

Workstyle

社員の働き方

建築部門の働き方 建築部門の働き方

建築部門は、駅工事・民間工事・公共工事を手掛けており、さまざまな案件に携われることが特長。躯体から仕上げまで多くの工程があり、施工管理は各工事の内容を把握し、専門的な知識を身につけることが求められます。

case

岩丸 悠生

建築支店 建築工事第三部
門真千石西作業所
2014年入社
工学部 建築学科卒

私のオンとオフ

市営住宅新築で
現場のまとめ役を担う。

市営住宅新築工事の現場担当として、作業間調整や品質・工程の管理を行っています。具体的には、協力会社との打ち合わせ、工程内検査、工事の進捗チェックなどが挙げられます。図面通りに工事が行われているかを確認し、次工程に影響が出ないようにすることが重要です。

休日も建築と
モノづくりに熱中。

趣味はレザークラフト。はじめた頃は小物中心に作っていましたが、今では鞄を作れるようになりました。自分好みに作ったアイテムは愛着が湧きます。また最近は有名な建築物を訪れて撮影することに凝っています。特に美術館は多くを著名な建築家が手掛けており特に興味深いです。

わたしの1週間の過ごし方 わたしの1週間の過ごし方

現場勤務にはどんな業務があって、どんなスケジュールで動くのだろう?
そんなシンプルだけど、すごく知りたい疑問に先輩社員が答えます。

仕事とプライベートを
分けることが
それぞれを充実させる秘訣。

朝、現場に足を運び、その後は状況に応じて現場巡回と事務作業をするのが基本的なスケジュール。工事現場の仕事は、成果がダイレクトに見える点が大きな魅力です。
毎日の仕事は充実していますが、オン・オフのメリハリをつけるようにしています。そうすることで、「また仕事をがんばろう」という意欲が湧いてくるんです。自宅では照明に気を配ったり、観葉植物を置いたりするなど、リラックスできる空間を大事にしています。

ENTRY

2022年度卒 新卒採用
エントリー