Person

Interview

社員インタビュー

まちが眠る間に


線路の保守工事を行い、


多くの人の足を支える。

線路

鴛田 和真

神戸支店 姫路出張所
2017年入社
環境建設工学科卒

なぜ、大鉄工業を選んだのか。
大鉄工業はどんな会社か。

先輩の温かい指導が
若手のレベルアップにつながる。

高校生の時、同級生に誘われて会社見学にうかがったのが大鉄工業との出会いです。そこで線路の保守に興味をもちました。保守工事を行うのは、列車が走っていない終電から始発まで。 見えないところで、鉄道という社会基盤を支える仕事に魅力を感じたんです。
大鉄工業の特長は、コミュニケーションを大切にしているところ。若手が先輩に質問すると、分かりやすく丁寧に教えてくださいます。書類を確認していただく際も、 クオリティの高いものをつくるアドバイスをくださり、レベルアップにつながっています。

現在の仕事。
そのやりがいとは。

現在の仕事。
そのやりがいとは。

最高の瞬間は
無事に列車が走りだした時。

保守工事に使用する材料の発注・管理を担当しています。発注については事前に現場調査を行い、必要な材料の種類や数量を確認し、メーカーに購入の手配をします。 そして工事計画者と連携しながら、施工日程に沿って納入日や納入箇所などの管理を行います。
毎日、何万という人が利用する列車を定刻通りに走らせることが私たちのミッション。限られた時間の中で工事を行い、無事に列車が走行するところを見た時は、大きなやりがいを感じます。 また、作業員の方々の安全を守るという責任感も、がんばる原動力となっています。

大鉄工業での目標、
それは。

現場をまとめる
軌道工事管理者になる。

軌道工事管理者として工事に従事することが、今後の目標です。軌道工事管理者とは、時間や品質などを含めた施工管理を担う現場の責任者です。そのため、知識だけでなく経験も求められます。 今は軌道工事管理者の補助を任せていただいているので、時間配分や安全確保の方法をしっかりと学び、今後の業務に活かしたいと考えています。

気分でインドア、アウトドアを使い分け。

休日は、自宅で読書やテレビ・映画鑑賞をして過ごすことが多いです。自分のペースで過ごす時間が心地良いんです。汗をかいてリフレッシュしたい時は、高校時代の同級生と、クラブ活動をしていたテニスをします。 また、夜勤明けに会社の近くにある銭湯に寄って、ゆっくりリラックスする時間も楽しみのひとつです。

Other Interviews社員インタビュー

ENTRY

2022年度卒 新卒採用
エントリー